拠点設備を使った研究成果が発表されました。

拠点の「解析ソフト・ワークステーション(ANSYS)」を活用した研究成果が、一般社団法人園芸学会平成29年度秋季大会シンポジウムで発表されました。

・発表名:有限要素法による果実の内部障害のシミュレーションと音響振動法による予測
・学会名:一般社団法人園芸学会平成29 年度秋季大会シンポジウム 果実内部評価の非破壊計測に関する原理および事例(公開シンポジウム)
・発表日:2017年9月2日(土)
・発表者:秋元秀美(広島大学院生物圏科学研究科)
・発表要旨:園芸学会平成29年度秋季大会(札幌),園学研. 16 (別2) p. 68,2017年9月

支援実績・成果」ページを追加更新しました。
ぜひご覧ください。