拠点設備を使った研究成果が発表されました

本拠点の「ハイパーソニック発生装置」や「超高周波計測システム」などの音響計測関連機器を活用した研究成果が愛知県産業労働センターにて開催された「ISAN2017」で発表されました。

・題目:Effects of High-resolution Musical Box Sounds on the Autonomic Nervous Function     and Findings from Order Changes of Hearing Sounds
・著作者:Shoji Ito, Toshihide Harada, Ryuta Yamamoto, Katsuyuki Niyada,Hiroyuki MiyazakiI,  Kenji Suehiro,Fumiko Ishizaki 
・発表者:Shoji Ito
・発表日:2017年9月18日
 ・学会名:ISAN2017
・会場:愛知県産業労働センター ウィンクあいち
・主な使用機器:ハイパーソニック発生装置、超高周波計測システム、音響映像評価装置加速度脈波計アルテットC、音響再生装置ほか

支援実績・成果」ページを追加更新しました。
ぜひご覧ください。