共用化設備・機器講座 -静解析編- を開催しました

 ひろしま医工連携・先進医療イノベーション拠点では、本拠点に設置した解析ソフト(ANSYS)をご活用頂き、企業の研究・開発活動を支援することを目指し、共用化設備・機器講座2(解析関連)-静解析編-を、10月17日に開催しました。

 『静解析編』は、佐賀大学大学院工学系研究科の只野裕一准教授を講師にお招きし、CAEを扱う際の考え方について実験値と理論値、ANSYS解を比較することによってCAEの使い方を学ぶ講座で、実際に実験を行いながらモデル作成や解の結果評価について 妥当性と正しさ (Verification & Validation) の観点からその考え方を習得するもので、参加者(地元企業・団体から12名)から、実験を行いながら進めることで、わかりやすいと高評価を得ました。

     

     

     

 次回(10/23)は、『振動解析編』を開催する予定です。