拠点事業の成果報告会が開催されました

「ひろしま医工連携ものづくりイノベーション推進地域」成果報告会

 文部科学省地域イノベーション戦略支援プログラムの採択を受け、平成23年度から平成27年度までの5年間、さらに延長の採択を受けて平成28年度から平成30年度まで事業に取り組んでまいりました。

 この事業の最終年度を迎え、今回 延長期間を中心にプログラムの進捗状況・取組成果と今後の方向性についてに紹介する報告会が開催されました。報告会には 文部科学省から来賓をお迎えし、地元企業・大学等から約50名の参加がありました。

 【開催概要】
  ■日時:平成31年1月31日 13:30-16:00
  ■場所:ホテルグランヴィア広島 3階 「飛鳥」
  ■主催:広島県、(公財)ひろしま産業振興機構、広島大学
 【プログラム】
  ■主催者挨拶
  ■来賓挨拶
  ■地域イノベーション戦略支援プログラム活動報告
   I.事業概要
     プロジェクトディレクター
     (公財)ひろしま産業振興機構 高森勇治氏
   II.取組事例報告
     事例報告I   「ハイレゾ音響研究開発」
             オオアサ電子株式会社 代表取締役社長 長田克司氏
     事例報告II  「自動車の防遮音共創活動」
             (公財)ひろしま産業振興機構 杉原毅氏
     事例報告III 「医工連携による医療福祉機器の開発」
             株式会社システムフレンド 取締役 東有明氏
  ■閉会挨拶

       

 また、会場では事業の成果として製品展示も行われました。 
   

引続き 拠点活動へのご支援・ご協力の程、よろしくお願いいたします。